社会モデル・医学モデルとは?

社会モデルってなに? ~障害は社会の障壁によって作り出される~

社会モデルとは障害者が味わう社会的不利は社会の問題だとする考え方です。障害者とは、社会の障壁によって能力を発揮する機会を奪われた人々と考えます。たとえば、駅で電車に乗るとします。車いすを使って階段を上れずに電車に乗れないのは、エレベーターがないという障壁のためであり、このようなことが社会によって能力を発揮する機会を奪われるということです。エレベーターが設置されていれば、1人で2階に行けるので障害を感じなくなります。一人で外出できない障害者でも、ヘルパー利用など、社会サービスが充実していれば、障害を感じることなく外出することができます。
このように、社会モデルは、身体能力に着目するのではなく、社会の障壁に着目し、電車に乗れないという障害を生んでいるのは、エレベーターが設置されていないなどの社会の環境に問題があるという考え方です。

医学モデルってなに? ~障害は個人の能力・機能によって起こるもの~

医学モデルとは、障害者が味わう社会的不利はそのひと個人の問題だとする考え方です。しかし、この考え方には問題があります。たとえば、駅には階段がありますが、その階段をなくして絶壁にしたとします。みなさん、この高い壁を素手で登ってくださいといわれたら、どう思いますか?登れませんよね。そうなると、健常者でも絶壁を超えられないので、電車に乗れないという障害になります。このような建物で2階に上がれないのは、空を飛べない人たちに問題がある。だから、空を飛べるようにリハビリをしてあげましょうということになるのです。そんなおかしいことはありえませんよね。
このように医学モデルは、階段が使えずに電車に乗れなかったりして、社会から取り残されてしまう原因は、足が動かないとか目が見えないといった身体能力にあるとします。だから、どんなに障害を持つ人が困っても、責任は障害者個人にあるということです。でも、「かわいそうだから、障害者の身体能力が良くなるように、リハビリなどの援助をしてあげましょう」という考え方になります。 つまり、この考え方では、社会的な不利は障害者自身が問題であって、社会が差別したという人権問題にならないのです。